アート 引っ越し アドバイス

アート引っ越しユーザーのノウハウ集(単身引っ越し者編)

 

アート引っ越しユーザーのノウハウ集(単身引っ越し者編)

 

アート引越センターで単身パックを利用した方に、やっておいて損は無いノウハウをお聞きしました。

 

単身引っ越し者ならではな実用的なノウハウ満載です!

 

 

ダンボールのカテゴリー訳は徹底すること!

アート引っ越しユーザーのノウハウ集(単身引っ越し者編)

荷物はできるだけ小さくまとめる。

 

段ボールは可能な限りカテゴリー別にする。

 

必ず何が入っているかわかるように紙を貼る。

 

引っ越し業者の貸出で、ハンガーBOXがあったほうがコート類・余った荷物の移動が楽。

 

あらかじめラック等の採寸をしておくとスムーズ。

 

洗濯機の設置サービスが無料で行っているところを選ぶと、自分の負担が少ない。

 

テレビの梱包が意外と難しいため、無料で行ってくれる業者を選ぶとよい。

 

パソコン等電子機器はゴミ袋等のビニールに入れた上に、毛布を何枚か巻くとダメージが少ない。

 

 

元々の荷物を少なくしておく

アート引っ越しユーザーのノウハウ集(単身引っ越し者編)

引越というと梱包やに作りがとても手間だし、当日まで使うものがあったりしてやり始めるタイミングも難しい印象がありますが、何度か引越をした上で自分なりのコツを見つけた気がします。

 

まず減らせる荷物はとことん減らすこと。

 

引越は自分の持ち物の見直しをするのに最適な機会だと思います。

 

衣類、雑貨、ストック品など本当に必要かどうかかと引越先にしまう場所があるか考えながら作業をすれば自ずと荷物が減らせます。

 

それから過剰な包装をしないこと。

 

特に食器ですが重ねず縦に並べることでだいぶ衝撃は緩和されるものです。

 

新聞紙などの緩衝材は引越先での嵩張るゴミにしかなりませんので壊れにくい詰め方で緩衝材は少なめに、がコツになります。

 

その他、タンスなどから衣類を出したらその都度タンスなどの掃除をすることや当日まで使うものの箱はギリギリまで閉じないなどの工夫で引越の手間が少しは省けます。

 

 

使わないモノはあえてダンボールから出さない

アート引っ越しユーザーのノウハウ集(単身引っ越し者編)

引っ越しが多い仕事のため、あまり使わないもの(過去の資料や、季節ものの服等)は、全て出さずに、段ボールで保管しています。

 

もちろん、段ボールに内容物をマジックや紙を使って記載しておきますが、その際には、段ボールの上面と側面の両方に記載しておくと、クローゼットや押し入れに収納した際に必要なものを探しやすいです。

 

また、引っ越しに伴うインターネット回線の変更手続きについて、東日本と西日本にまたがる引っ越しの場合、契約をし直さなければならない可能性があるため、フレッツなどの回線を引くタイプよりも、対象地域であれば持ち運んだ先ですぐにインターネットをつなぐことができるWiMAX等を利用したほうが、手続きの手間が省け、引っ越し先でも即日インターネットを利用することができるので便利です。

 

 

手続き関係は早めに済ませておくこと

アート引っ越しユーザーのノウハウ集(単身引っ越し者編)

私は引っ越しをするギリギリまで働いていたので、 会社を辞めるために残務処理がありなかなか引っ越しの準備ができませんでした。

 

荷物を詰めるのは早め早めにしておかないと中々進みません。

 

日にちも日曜日だったので引っ越し料金が高めになりました。

 

やはり引っ越しシーズンや日曜祭日は出来れば外した方が料金を安くあげることができます。

 

引っ越しが決まったら早めにガス屋さん電力会社、水道局は連絡しないと、自分の思った様には事が運びません。

 

引っ越し当日に今まで使った分の使用料を計算してもらわないといけないからです。

 

引っ越したら新居のほうには、電力会社、水道局は来てもらわなくてもだいじょうぶです。

 

しかし入居日の電話だけは入れて知らせないといけません。

 

あとはブレーカーをあげ水道の栓をひねるだけです。

 

ガスの開栓は本人の立会のもとになります。

 

また、住民票の移動もしなくてはなりません。